誓いは破るために 在るとして 立てることも できないまま 破るためにあるとして 立てることも叶わぬ空


by sorakorock
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

春の嵐

 お兄ちゃんがいません。今夜から東京へ旅立って行ってしまわれました。前回はついてったけど今回は都合がつかずお留守番のあたし。明後日の朝まで一人。うう。
 寂しいわあ。誰か遊んで・・・と思ったけど、寂しい時ほど「誘ったら迷惑じゃないかしら」とか「断られたら立ち直れないわ」などとネガティブシンキングになり、それくらいなら一人でおうちで泣いてるわ!となってしまうの。で更にめそめそ。先週末某先輩に忙しいからって断られただけに余計にね。いや、責めてるわけじゃありませんよ。いつだって相手の幸せが一番大事、健気な乙女ですから。

 そうこうしてる間に、後3日で22歳です。大変だわ。

 孤独なので暗い方向へ。

 家族がみんな働いていたり無駄に出歩いてたりしている家だったので、幼い頃あたしはいつも曾祖母に相手してもらっていた。曾祖母はあたしを更に性格悪く陰湿で世間話大好きにしたような性格なので、うざく感じることはそりゃもうしょっちゅうだったが、あたしは彼女が大好きだった。反抗期でも、彼女だけには心配をかけたくなかったし、彼女の期待に沿いたかった。
 高校の時、曾祖母が死んだ。勿論悲しかった。でもほっとした。もうこれであたしには弱みはない、もうどこにでも行ける。自分の為だけに生きられるし死ぬことも出来る。そう思った。他の家族はまだ長生きしそうだし、生きていればいつかは会えるだろう。会えなくたってそれはそれで諦めがつく程度だ。
 だから、大嫌いだった故郷を離れた。家族と連絡を絶った。それで良かった。弱みは持たないように、失ったら生きていけない存在を持たないように、そのことを考えたら簡単に命を投げ捨てられなくなる存在を持たないように、生きてきたのに。そうゆうスタンスだったから、簡単にみんなを愛せたのに。
 気が付けばいつの間にか、弱みを持ってしまって、縋りついてしまう。たった二日会えないだけで孤独に震えてしまう恋人がいて。連絡が取れなくなって心配でならない親友がいて。
 そうゆう存在を持つことが生きていくことなのかも知れないけど、それはあたしの望む生き方ではないのに。でもじゃあどうすればいいんだ。答えは空回りするばかり。

 まあ今はこんなんですけど、明後日にはお兄ちゃんも帰って来るし大好きな人たちにもわんさか会えるので。きっと「あたしの人生最高!」とかゆってることだと思います。ね。
[PR]
by sorakorock | 2005-03-25 01:34 | 曇り