誓いは破るために 在るとして 立てることも できないまま 破るためにあるとして 立てることも叶わぬ空


by sorakorock
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

いちにちめ、姫路と倉敷

 はい。そうゆうわけで、ゴールデンウィークをあたしがいかに満喫したかとゆうあれを、長々と綴ってみたいと思います。

 一日目。5月3日。前にも書いたように眠れなかったので、始発でおでかけ。時間を使うために目的地とは逆方向、宝塚方面へ。そして川西能勢口でお乗換えし、妙見口まで行きました。ただ行ってとりあえず改札を出て(3dayチケットの有効利用のため)そのまま戻っただけ。藤が綺麗でした。帰りで周囲に陣取った中学生男子共がすごうく傍若無人でむかつきました。あたしの男女差別的考え方によると、女性は周りを見ることが出来ないので傍若無人でもいいけど、男性は周りに気を使えるはずなので傍若無人であってはならないのです。
 そして意外と時間がかかったのでそこからは特に回り道もせず一路姫路へ。姫路城に行きました(このゴールデンウィーク特集においては、やたらリンクしてみようかと)。行っといてあれだけど、あたしは城には興味ねえなあと・・・ただ、他の城と違って「生活する場」としての城を見ることが出来たのは面白かったわ。建て直してるせいかもしんまいけど、よそのとこは中がからっぽだったり軍事的要塞にしか見えなかったりするから。あと、まったくもってバリアフリーではなかった。古い物を大切にするのはいいことだけど現代に合わせて変えるのも大事なんじゃないかしら、でも世界遺産だから無理なのかねえ。などと。

 この日3dayチケットで
阪急→能勢電 蛍池→妙見口 500円
能勢電→阪急→神戸高速→山陽電鉄 1570円
で、計2070円。

 荷物を預けるのをけちったので姫路にはあまり長居せずに、とっとと倉敷に向かう。JRがもれなく遅れていたので、「JR西日本は安全性に気を付けると遅れずにいられない」とゆう噂を思い出してみたり。
 倉敷ではまずチボリ公園へ。今回なんで倉敷に行ったかってゆうと、アンデルセン生誕200年なので、チボリでなんかいい感じのことをやってるんじゃないかちら。と思ったからなのさ。でもあんまりそれらしいことはやってなかった。残念だこと。餓鬼だらけ。
 そして美観地区へ。とりあえず近くにあった倉敷自然史博物館に行った。
c0052659_17144555.jpg

まあ地方のこうゆう博物館はこんなもんだろうとゆうレベル。
 そうこうしているうちに他の美術館とかに行く時間が無くなったので、でも暇なのでそこら辺の全ての店に入ってみる。なんか観光地らしい和風でちょっとおされな店が馬鹿みたいに沢山、でも面白い店はねえ。ううむ。

 夜はまたチボリ公園へ。ライトアップして綺麗だな。しかし周りがみんな家族連れかカップルで、昼間は気にならなかったけど夜はすごうく寂しい(あたしは一人旅)。くすん。
 そいから晩御飯を求めて街へ繰り出す。が、なんだか居酒屋しかなく女一人では入りにくい。散々彷徨った挙句、駅前のここは入り易そうだけどそんな店なんだか嫌だわあ。と思っていたイタリアンカフェに結局入る。のだが、この店すんごく美味かったわ。めでたしめでたし。
[PR]
by sorakorock | 2005-05-06 17:14 | 晴れ