誓いは破るために 在るとして 立てることも できないまま 破るためにあるとして 立てることも叶わぬ空


by sorakorock
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

うさぎとかに

 昔々、あるところにおじいさんとおばあさんがいました。おじいさんはかわへしばかりに、おばあさんはやまへせんたくにいきました。でもおばあさんは山の土で洗濯物をこすったので、洗濯物はすっかり汚れてしまいました。
 さて、おじいさんが川で柴犬を狩っておりますと、川上から何かがどんぶらこどんぶらこと流れてきます。よく見るとそれは、お椀の船に乗ったうさぎでしかも皮が剥け剥けでした。おじいさんは喜んで、うさぎを連れて帰りました。キャッチアンドリリースされた柴犬も喜びました。
 おじいさんとおばあさんはうさぎを大切に育てましたが、うさぎが何も食べないのでたいそう心配しました。でも実はおじいさんとおばあさんが出かけた後に頭の上に開いた大きな口でおにぎりをぱくーぱくーと食べていたので、うさぎは三ヶ月で大人くらいの大きさになって、熊と相撲をとりました。
 ところでこのおばあさんは悪い魔女でした。おばあさんはうさぎが日一日と可愛らしくなっていくのが憎くてしょうがありません。鏡に向かって「鏡よ鏡よ鏡さん、この世界で一番美しいのはだあれ」と聞きました。すると鏡は「一番美しいのはおばあさんちのうさぎです」と言いました。おばあさんはすっかり怒って、お城から舞踏会への招待状が届きましたが、「いい豆と悪い豆を分けなければここから出してやらない」とか言ってうさぎを閉じ込めてしまいました。そこへ良い魔女がやって来てうさぎにガラスの靴をはかせて舞踏会に連れて行ってくれました。
 おばあさんはもっと怒ってかにに変身し、「私と競争して勝たなかったらうさぎ汁にして食ってやる」といいました。うさぎはいやだなあと思ってひょいひょい走って行きましたが、途中で糸つむぎで指を刺して眠ってしまいました。おばあさんはうさぎに勝って大喜びしましたが、かになので横歩きしかできず前が見えなかったものですから、うさぎを煮るつもりで沸かしてあったお湯にうっかりはまって美味しく煮えてしまいました。めでたしめでたし。

 と、そんなわけで蟹を食いに城崎のあたりに行って来ました(長い前置きだ)。青春18きっぷでね。
 最初にまず玄武洞てゆう洞窟?に行きまして、駅前から渡し舟があるよて書いてあったから、渡し舟乗りたい!てきゃあきゃあ行ったんだけども。冬だからかなんだか知らんが渡し舟はお休みでした。ちぇーてもう止めようか言いながらタクシーで行きましたけども、いや行って良かったよ。洞窟?て書いたように洞窟ってゆうよりちょっとへこんでるだけみたいな、しかもあんまり近くに行けないし、でもここ石の感じがすげえかっこいいのよ。かっこいいねかっこいいねて超興奮した。
 ほんでタクシーついでに次は城崎マリンワールドに行きました。あんまり大規模でないしそう変わったものがいるわけでもないですけど、でもここはいい。演出の仕方が頭いい。巣を作るえびとその巣に住ませてもらうかわりに見張りをするはぜが愉快でねえ、だって巣に開いた穴を埋めようとして巣の外にいるえびがどんどん砂をかけ、その砂は全部穴を通過して巣の中に落ち、中にいるえびはそれを外に出すのでせいいっぱいていう。どんだけ不毛なんだと。あととどがダイビングするしなー、いかの天婦羅も美味いしなー。
c0052659_19163358.jpg


 ところで城崎に行ったんだけど、泊まったのは城崎ではないです。思い立ったのが2日くらい前でもう城崎には空いてるとこがなかった。電車で25分ほど離れた柴山てとこ(香住の隣)。蟹がね、超超美味かったよ。人生で一番美味かった。
 しかし民宿だから壁とか薄いのに、民宿だから自分の家のようにしていいんだろうて思った家族連れがうるさいうるさい。騒ぐ子供は親までうるさいね!
c0052659_19275675.jpg


 2日目は雪、そして強風。電車来るのか?(餘部鉄橋を越えてくる路線なので、雪や風に弱いらしいのです)と心配したけど、ほとんど遅れずに来た。しかも普通電車なのに特急用の車両で。
 そいで城崎を観光しましたが、いやあ城崎て風情はあるけど中味がないや。ロープウェイは強風で止まってるし。文芸館とかわら細工伝承館とか行ったけど面白くないかった。
c0052659_19265126.jpg

c0052659_19271550.jpg

c0052659_19273272.jpg

 ので、城崎で一日過ごすのは諦めて出石へ行くことにしました。ああでも昼に食べた海鮮丼は美味かった。
c0052659_19284457.jpg


 出石は交通の便が悪い。でも良い所でした。色々見たけど一番楽しかったのは史料館で、明治時代の豪商の家をそのまま使ってるの。この家がものすげえ理想の家で、楽しいねーて家中走り回ったよ。
 そんで名物皿そばを食って帰りました。帰り道お兄ちゃん(彼氏。年下。もうすぐ誕生日)に二人の将来に関する陰気な話題(「俺が香川帰ったらどうする?」を具体化したような話)を振られてなんとなく暗澹たる気分に。
c0052659_19334587.jpg

c0052659_1934213.jpg

[PR]
by sorakorock | 2007-01-08 19:35 | 晴れ